ポスティングのお断り

ポスティングお断り

丸一日チラシの投函をしているともちろんポスティングのお断りをされるケースも多々あります(全国的なのか大阪が特に多いのかわかりませんが・・・)。配布中に『チラシ入れないで』と言われれば、『すいません』と一言言って終わるのですが、場合によってはとってもお怒りになられて『勝手にチラシ入れんな!』と言われる場合もあります。事実なので怒られてもしょうがないのですがやはり嫌な気持ちにもなってしまいます。また、当然怒った側も楽しいはずもありませんし無駄に怒りたくもないはずです。

基本的にポスティングを行っている側から言うと世帯主さんが『チラシ不要』と明記されていればポスティングしないのが原則ですが、明記していても投函する業者や見落としてしまう場合なども時々あります。そこでこんな風にポスティングのお断りを明記していればおそらく殆どすべてのポスティング業者は投函しないであろうというのを明記してみます。

 

1. 強い言葉で言い切る

ポスティングのお断り文言で多いのは『チラシ不要』『チラシを入れないで』が多いです。この2つで言えば明らかに前者を明記するべきです。私が言うのもなんですがおそらく後者であれば業者によっては故意に投函するケースもあるのではないかと思います。やはりハッキリと要らないと明記した方が投函される率は減ります。本当にチラシ入れて欲しくないという事であれば『チラシ入れるな!』がベストであると思います。実際、結構この文言も見ます。

 

2. ポストの投函口に明記する

折角ポスティングお断りの文言を明記するのであればポストの投函口に明記する事をお勧めします。ポスティングは人によりますが一日数千枚を配布したりしますのでとにかくドンドン配布していく形なのでわかり難い場所に『チラシ不要』と明記しているとどうしても誤って投函していしまう事もあります。投函口は必ず目に付くので最も効果が高いです。

 

3. 警告的に明記する

それでもチラシが投函されて困るという場合には『投函した場合にはえらい目に合うよ』的な攻撃的なメッセージも時々見受けられます。例えば『チラシを投函したら広告主に抗議の電話を入れます』『チラシを投函したら着払いで送り返します』『チラシを投函したらそれなりの覚悟が必要です』などがありますが流石に入れる業者もないのではないでしょうか?

 

4. まとめ

当然ながらチラシの受け取りを拒否してもらいたいワケではありません。ただ、本当にチラシは全く見ない、ゴミでしかないという方も中にはいらっしゃるかと思いますので、その場合には入れる側も迷惑をかけるだけなのでできる限り避けたいというのがあります。できればすべてのポスティングをお断りするのではなく、本当に興味のないチラシだけについては拒否するような形でもお願いできればと思います(例:『デリバリーのチラシ以外は不要』『不動産チラシは不要』など)。

 

※現在のポスティング対応エリア:

◆大阪府下:東大阪市・柏原市・藤井寺市・羽曳野市・八尾市・松原市・大阪狭山市・大東市・門真市・守口市

◆大阪市:平野区・住吉区・東住吉区・生野区・阿倍野区・天王寺区・西成区・住之江区・大正区・港区・此花区・東成区・城東区・鶴見区

◆堺市:北区・堺区・東区・中区・西区・南区、その他の大阪エリアでのポスティングもお気軽にお問合せ下さい

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料お見積り

無料お見積り

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング
Subscribe with livedoor Reader
ページ上部へ戻る