ある?ない?チラシ配りの効果

チラシ配りの効果0719

チラシ配りの効果はあるのか?とチラシを配る前には思うものですが、この答えは実はとてもとても簡単です。100%効果はあります。但し、当然ながら条件があり、『良いチラシであれば』という事になります。これはチラシで考えるからちょっとぼやけてしまうのですが、インターネットのホームページで考えてみるととても分かり易いです。

 

1. チラシ配りの効果とホームページの効果

現在は多くの企業もお店もホームページを持っています。ただ、実際の所反響はどうでしょうか?ホームページからの集客が定期的に行われている企業・店がどれほどあるでしょうか?かなり多くの方々はホームページを作ったはいいけど効果は無いとうのが実状だと思います。

ただ、ホームページもいつも100位くらいであればまず反響はありませんが、常に5位以内であれば100%効果はあります(需要がある分野であれば)。少し参考までにHPの順位と反響率の関係は以下の通りとなっており、1位は約17%、2位は約10%となっており上位なほど反響率が多いという結果となります。因みに10位だと0.5%と1位との反響率の差は約35倍となります。当然ながら100位となれば殆ど効果が無いのは容易に想像ができます。

反響率

 

ホームページもチラシ配りの効果も実は何ら変わることなく、どちらも集客ツールですので同じものです。上記のたとえで言えばチラシも良いチラシであれば(上位にあるHPであれば)反響が良いという事です。違うのは、ホームページはグーグルが『このホームページは内容も充実していて価値のあるサイトだ』と判断しますが、チラシの場合はそれを見た見込み客が『このチラシは見るに値するチラシだ』と判断すれば効果が高まるという事だけです。

 

2. チラシ配布の効果を得るのは難しい?

上記の通りチラシ配布の効果を得る為には見込みのお客さんに価値のあるチラシと認められる必要があります。実はこれもホームページと比べるとそんなに難しいことではありません。

ホームページは同じ業種(カテゴリー)で数百というものと上位に行くために競争する必要があります。その為には内容を充実させてグーグルに認めさせる必要がありますが、グーグルは中々頭が良く中身が同じものは勿論、似ているものについても上位に表示させることを許しません(逆に順位を落とすようなペナルティーを課すことさえあります)。

それに引き替えてチラシは、全くエリアの異なる地域で反響が良いチラシをある程度真似たとしても特に大きな問題はありません(真似すぎるとダメですが)。しかもホームページの様に内容を充実させるために原稿用紙で数百枚という膨大な中身を作り込むという必要もなく、あくまでA4であればその裏表を仕上げれば良いという事ですのでチラシ効果の容易さを言えば間違いなくチラシと言えます。

 

3. まとめ

チラシ配布の効果を得るには良いチラシを作るに限るわけですが勿論いきなり大当たりのチラシというのは作るのは難しいですし、一回当たったからといって継続してその効果が得られるものでもありません。ただ、日ごろ多くのチラシを見るわけですから『おっ?このチラシは目についたなー』と思ったものは常に参考にして自社のチラシに取り入れて作成し、配布しては改善するの繰り返しとなります。実際弊社で配布をさせて頂いているチラシにおいても同じ業種のチラシでも反響率が10倍違うようなチラシもありますが必ず同じ道をたどります。詳しくは『同じ業種でも10倍違う!ポスティングの反響率』をご参照ください。

 

※東大阪市・柏原市・藤井寺市・羽曳野市・八尾市・松原市・大阪市(平野区・住吉区・東住吉区・生野区・阿倍野区)・堺市(北区・堺区・東区)その他の大阪エリアでのポスティングもお気軽にお問合せ下さい

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料お見積り

無料お見積り

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング
Subscribe with livedoor Reader
ページ上部へ戻る