不動産業にはポスティングが最も合う3つの理由

ポスティングで最も多い業種の1つは不動産業になります。弊社も同じく全体のポスティング量の恐らく半分程度が不動産業者様からのご依頼となっています。実際、ポスティングは不動産業の集客に非常にマッチしています。

 

1. ポスティングが不動産に合う理由

1-1. エリアが選べる選ぶ

不動産をポスティングする最大のメリットはエリアが選べることです。子供の小学校入学などを期に人気地域へのエリアへ引越されるかたも多いかと思いますが、それでも殆どの場合が隣の町や同市内など近隣エリアへの移転が殆どだと思います。つまり、遠く離れたエリアからチラシ物件を見て購入を決められる事は多くなく基本的には物件近隣に配布する事がより重要となります。

弊社の不動産業のお客様でもありますが、チラシに記載している物件の周辺エリアの5000世帯にポスティングを依頼頂く事も多く、物件からある程度円状に近いエリアを指定できるのがポスティングのメリットです。

 

1-2. 配布種別が選べる

ポスティングが不動産に適している理由の2つ目は配布する世帯の種類を選べるという事です。不動産を販売する場合は比較的マンションに住んでいる世帯が対象になりますし、不動産を買い取る場合は戸建に住んでいる世帯が対象となります。実際弊社でも不動産買い取りの場合は戸建世帯にのみ配布するケースが多く、不動産販売の場合は全戸配布(全ての世帯にポスティング)とされる場合が多いです。

 

1-3. 不動産購入世代に遡求しやすい

新聞折込が新聞ありきなのに対してポスティングはポストありきです。つまり、新聞折込の場合はその世帯が新聞を購読していない限りチラシで宣伝するこはできません。新聞は比較的高い世代の方々にはまだまだ読まれる媒体ではありますが、不動産購入世代ともいわれる30代の新聞購読率は25%程度となっており世帯ベースで考えると1割台と考えられます。ターゲットとなる世帯に対して1割程度にしか遡求できないのに対して、ポスティングはポストありきですので、全世帯の80~90%にポスティングが可能となります(新聞折込の部数については『読売新聞・産経新聞の部数から見る集客効果』をご参照下さい)。この他、チラシ作成やポスティングのコツもまとめていますのでご参照下さい。

 

※東大阪市・柏原市・藤井寺市・羽曳野市・八尾市・松原市・大阪市(平野区・住吉区・東住吉区・生野区・阿倍野区)・堺市(北区・堺区・東区)その他の大阪エリアでのポスティングもお気軽にお問合せ下さい

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料お見積り

無料お見積り

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング
Subscribe with livedoor Reader
ページ上部へ戻る