個別配布チラシをはじめよう

個別配布チラシ

集客を行う上で最もオーソドックスな方法としてチラシでの集客があります。チラシで集客を行う際には、商売を始めたばかりである程度時間が取れるようでしたら自分で空き時間に配布したりも可能ですが、ある程度忙しくなってくるとそうもいきません。そこで新聞の折り込みでチラシを配布するというのが今まで最も一般てきでしたが、現在個別配布チラシへと移行されるケースが非常に増えています。

1. 個別配布チラシとは

一般的にはポスティングと言われる事が多いですが、一軒一軒住宅世帯にチラシを投函していく事を指します。業者によっては住宅だけでなく、企業も含めて配布をしたり、マンションだけに配布したり逆に戸建てのみへの配布を指定できたりします。個別配布チラシを請け負う業者も都市部では徐々に増えつつありますので価格が安くなったりより利便性の良いサービスも多くなってきております。

 

2. 個別配布チラシを行う流れ

①チラシ作成

まずはチラシを作成する所からですが、現在ではパワーポイントなどでも簡単にチラシが作成できる無料テキストなどもネット上に氾濫していますのでそちらを利用される方も増えています。勿論、外注でデザインしてもらうケースも依然として多いですが相応の費用もかかります。また、チラシは一回作って終わりではなく都度小さな修正・改善なども必要となります自分で作成できるに越した事はありません。

②印刷

チラシデザインができあがったら次に印刷ですが、こちらもとても便利な世の中でプリントパックなどのネット印刷で簡単に且つ安く印刷する事ができます。個別配布チラシで良い結果を得る為には1枚でも多く配布するに越した事はありませんので、できる限り印刷費用は抑える為にもネット印刷を利用する事をお勧めします。

③配布

チラシ印刷が完了したらいざ配布へ。配布する方法としては自社で配布する方法、新聞の折り込みに依頼する方法、弊社のような個別配布チラシを請け負う業者に依頼する方法の3パターンが主となります。

3. 新聞折り込みとの違い

個別配布チラシと新聞折り込みはどちらもチラシで集客を行うという意味では同じなのですが向き・不向きがありますので用途にあった形で利用しましょう。

①費用

配布単価につきましてはザックリ言いますと個別配布チラシは新聞折り込みの2倍程度となります(個別配布約@4円、新聞折り込み約@2円)。

②配布率

新聞折り込みは当然ながら新聞を購読している世帯(約30~40%)へしかチラシを見てもらえませんが、個別配布の場合は配布禁止の世帯など以外のほぼ全て(約80~90%)に配布しますので店舗周辺5千世帯が顧客ターゲットの場合は、新聞折り込みが約1500~2000世帯、個別配布が約4000~4500世帯となりよりターゲット層の取りこぼしがより少なくなります。

③配布速度

新聞折り込みは大きな新聞会社が独自の販売・配達網を作り上げ毎日何十万という新聞を届けているので兎に角早いです。一方、個別配布チラシを請け負う業者の中には全国展開を行っているある程度大きな規模の業者もありますがごく少数で、またその様な業者であっても配布速度については折り込みには到底及びません。例えば、大阪で10万部を配布する場合に折り込みであれば1日で終わりますが個別配布業者であれば1週間~1か月程度かかります。

 

4. まとめ

折り込みはイベントなどでできるだけ広範囲に短期間で一気に告知したい場合におススメ、一方個別配布チラシは店舗周辺の出来る限りすべての方々に継続して告知し、お客さんになってもらう場合におススメと言えます。新聞購読率はネットに押されて毎年落ちて行っている状況ですので後者の場合に関しては一度個別配布を試してみるもの如何でしょうか?

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

電話でのお見積りは☎06-7509-2387

電話でのお見積りは☎06-7509-2387

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング

チラシ配布可能枚数

チラシ配布可能枚数
ページ上部へ戻る