折り込みより安い!大人気お任せプラン@1.7円~

折り込みより安い

チラシ配布というと営業の王道と言えますが、配付方法には主に二通りあります。一つは新聞に挟み込む『折り込み』もう一つはチラシだけを単体でポストに投函する『ポスティング』です。一般的には数十枚程度のチラシを新聞に挟み込んで配布をするので価格面では折り込みの方がどうしても安くなります。エリアによって異なりますが大体の目安で言うと折り込みが@2.5~3.0円程度、ポスティングが@3.0~5.0円程度となりますが今回弊社では最安@1.7円での配布プランをご用意させて頂きました。

 

1. 折り込みとポスティングの違い

折り込みとポスティングはどちらもチラシを届けて集客を図るという意味では同じ役割ですが、その手段や効果にはかなりの違いがあります。

 

1-1. 価格

まずは価格です。冒頭でも申し上げましたが価格においては折り込みに分があります。やはりメインは新聞であり、そこに付随する業務としてチラシの配布がありますのでコストを落とし易いという事があります。ポスティングは正にチラシ配布が本業と言えますのでコスト削減に限りがありますのでどうしても単価が高くなりがちです。

 

1-2. スピード

次に配布のスピードですがこれも折り込みの得意とするところです。一販売店が配布するだけであればあまり大きな差はありませんが、新聞は大阪だけでも多くの販売店があり且つ基本的に毎日配達されるものですから一括依頼をかければ同じ日に全ての販売店から大阪全域に配布をする事も可能です。ポスティング業者も多く存在しておりますので各業者に依頼してある程度の枚数を一日で配布する事は可能であるとは思いますがそれぞれ得意なエリアなどがありますし、日付指定をできない場合もありますので同日に一気に配布という事であればやはり折り込みが優れています。

 

1-3. 配付エリアカバー率

スピードや価格に優れている折り込みですが、ポスティングもメリットがあります。その最も顕著なのが配布エリアのカバー率です。新聞購読はインターネットが普及してからというもの年々購読世帯率が下がってきています。現在では大阪府内に至っては40%前後と言われています。当然ながら新聞を購読していなければチラシが届く事はありませんので集客を見込む事はできません。これに対してポスティングはチラシを配布するわけですからほぼ全ての世帯に対してチラシを届ける事ができます。実際にはポストが無い家やチラシ拒否のお家もある事からカバー率はおおよそ85~95%といった所になります。つまり、店舗運営の場合周辺エリアへの集客が2倍強化できるという事になります。

 

1-4. 全体でのコスト削減

実際配布の単価コストで言うと折り込みの方が安いですが、全体の費用として考えるとポスティングの方が抑える事ができる場合もあります。というのもポスティングのメリットのもう一つが細かなエリア設定が可能だからです。折り込みもある程度可能な場合もありますが販売店全体への配布のケースも多い事から、店舗から遠く離れたエリア(あまり集客が望めないエリア)にも配布する事になる場合があります。ポスティングは基本的に町名指定や丁目指定を行う事ができ、最低ロットも少ない場合が多い(弊社では3千枚から)ですので本当に店舗から周辺の重点エリアのみに配布する事も可能です。

 

2. まとめ

折り込み、ポスティングともに一長一短がありますが期日にあまり縛られる事無く長期的な集客を図るのであればポスティングの方がメリットが大きいです。一度ポスティングを使ってみて頂くとわかりますがくまなく配布でき且つチラシのみがポストに入りますので必ず一瞬としても目につく事から開封率は100%となります。折り込みは週末イベントなどで急ぎの配布の場合はうってつけであると思いますがチラシをそのままごっそり捨てられてしまうケースもある事がデメリットとなります。最後に弊社の宣伝ですがポスティングはどうしても単価が高くなりがちではありますが、ある程度期間を長く頂く事で他チラシとの2枚配布をさせて頂きコストを落とす事ができる『お任せ配布』というプランをご用意しております。昨今ご利用頂く方が増えつつあることもあり今までの最安単価@2.0より更にお安く@1.7円にてご提供させて頂いておりますので是非ともご利用下さいませ。

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料お見積り

無料お見積り

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング
Subscribe with livedoor Reader
ページ上部へ戻る