夜にポスティング

夜のポスティング0820

昼間は忙しくて夜しかポスティングができないという方もあるかと思います。実際、ポスティング業者でも夜にポスティングを行っている業者もありますので『できない』事はありませんがあまりおススメはできません。実際弊社では夜(日の入り~日の出まで)は一切ポスティングを行っておりません。

 

1. 夜にポスティングを行うメリットとデメリット

1-1. メリット

夜にポスティングを行うメリットはやはりマンションが配布しやすいという事かと思います。マンションでは多くの場合が1階に集合ポストがありますので短時間で多くのポスティングを行う事ができます。最も一般的な全戸配布(マンション・長屋・戸建の全ての住宅に配布する)と、マンションだけを配布するのを比べると、全戸配布の場合は1時間にポスティングできる量は約300世帯前後となりますが、マンションのみの配布であれば約800世帯程度可能ですので約2.5倍となります。但し、昼間にマンションを配布すると大きなマンションであればある程管理人さんにポスティングを断られるケースが多いです。これは仕方の無い事ですが夜にポスティングを行えば基本的に管理人さんもいらっしゃらないので多く沢山ポスティングできると言えます。

また、他ポスティング業者や郵便屋さんもしくは宅配業者さんなども昼間は多いですのでポスティングが順番待ちになる事もありますがこれも回避する事ができます。

1-2. デメリット

ポスティングを夜に行うデメリットですが、まず最も問題なのは全戸配布ができないという事です。上述しました通り【全戸配布】というのは全ての住宅に配布する事ですが、戸建てや長屋に関しては夜にポスティングをする事は不可能です。マンションであれば明るいロビーで夜でもポスティングが容易ですが、外灯程度の明かりでポストを探しながら戸建て・長屋をポスティングするのは至難の業です。仮に長屋・戸建を配布しないという事であれば大阪市内で商圏の約4割の世帯を捨てる、大阪市外であれば殆どが長屋・戸建となりますので約7割の世帯を捨てるという事になりますので大きなデメリットとなります。また、仮になんとかポスティングしようにも『チラシ不要』と書かれたポストなども時々ありますのでそれを見落としてしまう可能性も非常に高くなります。

あとは夜にポスティングをした事で不審者扱いもしくはポスティング不要の家に間違って投函してしまった事等でクレームの電話がチラシの広告主に入ってしまい、お客様にご迷惑をお掛けする可能性も出てきます。

 

2. まとめ

ポスティング業者などを使わずに自社でポスティングを行っており、昼間は営業や店舗運営で時間が取れず夜にマンションだけをポスティングするという事であれば可能であると思いますがそれ以外であれば夜にポスティングをする事でのメリットは個人的にはほぼ無いと思います。

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料お見積り

無料お見積り

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング
Subscribe with livedoor Reader
ページ上部へ戻る