店舗運営で顧客獲得するポスティングのメリット

顧客獲得07192

顧客獲得の方法には色々なやり方があります、ポスティング・折込チラシ・ホームページ・FAXDM・DM・CM・口コミ・飛び込み営業・etc、ただ実際に自分が行っている事業とコストからのマッチングを考えるとできる方法というのはそんなに多くないとも言えます。特に店舗運営の場合の顧客獲得については、色々と条件があり『費用を極力抑える・配布エリアが店舗周辺で限定的・対象は会社でなく個人・簡単にできる』などが挙げられます。これを考えると効率的に顧客獲得を行うにはポスティングしか見当たりませんし実際に店舗での集客にはよく利用される方法です。

 

1. ポスティングで顧客獲得

顧客獲得をするには労働力と費用が必要となりますが、これを最小限に抑える事ができるのがポスティングとなります。具体的な事例を上げさせて頂くと以下の通りとなります。

 

1-1. エリアを細かく設定できる

ポスティングの最大のメリットとも言えますが、町名や丁目という最も小さい範囲まで顧客対象のエリアを絞る事ができます。これはホームページや新聞折込では不可能な部分となります。これによりチラシの印刷費用や配布費用を無駄にせずに顧客獲得が行えます。

 

1-2. 空いた時間を使える

ポスティング業者などに外注依頼をする事もできますが、本当にコストを抑えて顧客獲得を目指すのであれば自分の空き時間を利用する事もできます。自分で行えば顧客獲得に実質かかる費用はチラシ印刷代のみとなります。

 

1-3. 自分でチラシを作成できる

以前は専用のソフトなどが扱えないとチラシのデザインをする事が難しかったですが、今では顧客獲得の為のチラシ無料テンプレートも多数あり、パワーポイントさえ使えれば自分でも簡単にチラシが作成ができます(詳しくは『0円でチラシ作成!無料パワーポイントテンプレート』をご参照ください)。

 

1-4. 資源を集中できる

ホームページや看板広告などで年間を通じて固定費が発生するというものでは無く、スポットで必要なときだけ費用をかけることができるので繁忙期に予算を集中させる等して効率的な顧客獲得が行えます。

 

2. まとめ

上記の通り、ポスティングによる顧客獲得は最大限コストを抑える事ができ店舗運営に向いているかがわかるかと思います。勿論ホームページを否定するものでもなく、むしろあった方が良いのですがあくまでホームページは顧客獲得ではなく来て頂いたお客さんが店舗の情報収集の為のツールとしての色あいが強くなります。

その理由は例えば食べ物屋さんであれば、ホームページの場合はぐるナビなどの店舗を登録して紹介してくれるポータルサイトに掲載しないで自力で顧客獲得を図るには自社のホームページをキーワード検索で1ページ目に掲載される必要があるからです。2ページ目以降であれば検索され、そこから集客につながる可能性はグッと落ちます。また、店舗運営の場合は販売商品を全国に発送するなどの物販のケースを除いては顧客の対象が店舗近隣に住んでいる方に限定されますが、ホームページではその対象が広くなりすぎる為に顧客獲得ツールとしては適合しません。この他、チラシ作成やポスティングのコツもまとめていますのでご参照下さい。

 

※東大阪市・柏原市・藤井寺市・羽曳野市・八尾市・松原市・大阪市(平野区・住吉区・東住吉区・生野区・阿倍野区)・堺市(北区・堺区・東区)その他の大阪エリアでのポスティングもお気軽にお問合せ下さい

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料お見積り

無料お見積り

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング
Subscribe with livedoor Reader
ページ上部へ戻る