チラシで集客している事例紹介

チラシで集客0719

毎月数十万のチラシをポスティングさせて頂いている中で言いますと、チラシで集客するということは間違いなくどんな業種でも可能であるという事です。ただ、残念ではありますがその反響率はチラシの出来栄えにより数倍~10倍程の差が出る事も事実です。ポスティング業社ができる事はチラシをしっかりと配布させて頂く事、これ以上のことは正直難しいのですが配布させて頂いてきた経験値からどの様な形で行えば最もチラシで効果の高い集客が行えるかを実際にお客様の実例を元にご紹介したいと思います。

 

1. チラシでうまく集客できている実例

1-1. フィットネスジム 八尾市フィットネスでポスティング

ほぼ毎月ポスティングをさせて頂いております。毎回チラシで一定の集客ができており全戸配布(戸建て・マンション・長屋)にて配布をさせて頂いております。配布エリアは店舗から近くのエリアでAエリアとBエリアのように2分割をされています。今回はAエリアを中心に、次回はBエリアを中心にという形で隔月で配布をさせて頂いておりますので各世帯にチラシが配布される頻度は2ヵ月に1回となります。枚数についても5000~7000部となっており、店舗中心からあまり遠くにならないエリアに絞っております。店舗来店型のチラシ配布については多くの場合がエリアをかなり絞って配布する事でコストを抑え且つ高い反響を得る事に成功しています。月5000枚であるとチラシ印刷代と配布代を足してもコストは約25,000円となりますので1/1000の反響率でも非常にコストバランスは高いです。ムダに量を配布するより絞って配布するというのが店舗来店型の基本条件になります。

 

1-2. 塾 羽曳野市

ほぼ毎月ポスティングをさせて頂いております。チラシでの集客は以前から行っていたがポスティング業者の配布がよくなかったのか反響率が悪かったとの事から弊社でご利用を始めて頂けました。結果としては以前より数倍反響率が上がったとの事から定期的に約1万枚を配布をさせて頂いております。やはりエリアをかなりしっかりと絞られて戦略的に配布をされています。具体的には校区で町名をピックアップして細かくしていを頂いた上でポスティングをさせて頂いております。校区を絞る事でその学校の生徒へ向けたピンポイントのチラシでの集客が行えるというのが最大のメリットです。

 

1-3. 介護 松原市介護でポスティング

ほぼ毎月配布をさせて頂いております。基本的に来店型となりますので同じく配布部数は5000部となります。配布するエリアも自社から近いエリアで2~3エリアに分けており、月ごとに例えば今月はエリア1という風に指定のエリアを配布させて頂きます。各世帯にチラシが配布間隔は2~3か月に1度という事になります。チラシのデザインもほぼ3か月に1度程度のペースで変化を持たせています。

 

1-4. 不動産 藤井寺市

ほぼ毎月配布をさせて頂いております。不動産の販売よりも売却がメインとなりますで戸建てのみの配布をさせて頂いております。上記と異なり毎週都度来店型の業種ではなくその時だけ来店を頂くという形態となりますのでエリアはある程度広くなります。羽曳野市・藤井寺市の全域への配布となります。チラシによる集客はポスティングだけでなく新聞折込でもご経験がありますが、戸建だけに絞れること、多くのチラシに紛れないこと等のメリットからポスティングを主体としてご利用頂いております。同じくチラシの内容は基本的に毎回改善を図られております。

 

2. まとめ

以上弊社がポスティングをさせて頂きコンスタントにチラシで集客をされている方々の配布方法でありますが、見て頂くと分かります通り共通点があります。また、チラシで高い集客を得る為には配布の仕方だけではなく、当然ながらチラシの中身作りというのがもっと大切な部分になってきます。チラシの中身の作り方については『良いチラシと良くないチラシ』をご参照ください。

 

【チラシ集客方法で共通している事】

・チラシは生ものである事を認識し、毎回修正して少し変化を持たしている

・エリアを細かく絞っている

・来店型の店舗経営については店舗から5000件程度と比較的少ない配布部数を毎月行っている

 

◆柏原市・藤井寺市・羽曳野市・八尾市・松原市・大阪市(一部)・堺市(一部)・東大阪市、その他の大阪でのポスティングもお気軽にお問合せ下さい

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料お見積り

無料お見積り

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング
Subscribe with livedoor Reader
ページ上部へ戻る