実はお金を掛けないという事!集客の意味とは

集客の意味0719

よく営業では『どうやって集客をするか?』という話があります。インターネットかチラシか口コミかイベントか紹介か・・・色々と集客する方法はあるかと思います。この様な感じで基本的に集客の意味をとらえる時には『いかにしてお客さんを集める=集客』と考えるかと思います。但し、集客の意味を実際に辞書で調べてみるとどれにも2つの意味が載っています。1つは今言った『客を集める事』、そしてももう一つは『客が集まる事』です。

 

1. 2つの集客の意味『集客する』と『集客状態にある』という意味

集客が意味する『集客する』と『集客状態にある』という2つの意味については、似ている様で全く異なります。集客するというのは能動的に動いてなんとか集めるという意味ですが、後者は他っておいてもお客さんが集まってくる状態です。弊社はポスティングをご依頼頂いたお客さんに代ってチラシを各家庭に投函してお客さんを集客するという事に力を入れております(つまり前者)。ただ、そんな弊社がいうのもなんですが本当は集客するという事よりも集客状態にあるという方に力を入れた方がとても効率的です。

 

1-1. ポスティングで集客する経費

仮にポスティングで集客をする場合の経費は業種にもよりますがチラシを複数枚刷って配布して反応してもらって来店頂くという事が必要となります。仮に新規獲得するのに平均して1000枚のチラシを撒く必要があるのであれば、ポスティング費用が@3円、チラシ印刷費用が@3円で合計6000円の費用が掛かっています。より詳しいポスティングの費用については『業者により配布費用は2倍!大阪で上手にポスティングする方法』をご参照ください。

 

1-2. 集客状態にある場合の経費料金

もう一つの集客の意味である客が集まっている状態です。つまりはリピートしてもらっているという状態です。これならば基本的には経費は掛からないのでゼロとなります。リピートをしてもらえる状態というのはサービスと価格が釣り合っている状態でありますので、リピート率が低いという事はサービスが低いか価格が高すぎるかという事ですので見直す必要があるかもしれません。

因みに弊社ではできるだけポスティングの価格を下げられるだけ下げて大阪市内以外の地域でのポスティング費用としては平均価格よりも30%以上低く設定致しております事でリピート率は80%程度になっています。

 

2. まとめ

上述した2つはどちらも集客の意味ですが、新規をできるだけ集めて、できるだけ長くリピートしてもらう。これが本当は集客の意味でありますし費用を考えてみても後者を圧倒的に優先するべきであるにも関わらず兎角私も前者だけを考えてしまいます。先ほどの例ではありませんが、一人に集客費用を6000円掛けるのであれば仮にお友達を紹介頂ければ3000円としても正直言ってポスティングで集客を行うよりもずっと安上がりになりますし、友達を紹介しているだけにリピートを辞めずらいという事もありますので効果は絶大と言えます。

色々な角度から集客という言葉を考えてみるのもまた楽しいかもしれません。『お客さんを集める』という方の集客をポスティングで行う際には是非弊社でもご検討下さいませ。この他、チラシ作成やポスティングのコツもまとめていますのでご参照下さい。

 

※東大阪市・柏原市・藤井寺市・羽曳野市・八尾市・松原市・大阪市(平野区・住吉区・東住吉区・生野区・阿倍野区)・堺市(北区・堺区・東区)その他の大阪エリアでのポスティングもお気軽にお問合せ下さい

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料お見積り

無料お見積り

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング
Subscribe with livedoor Reader
ページ上部へ戻る