1枚配布と複数枚配布ではどちらが反響が良い?

1枚配布と2枚配布の反響率0720

ポスティングには依頼されたチラシ1枚のみを配布する単配と他社チラシと抱き合わせで2枚以上を配布する併配とがあります。どちらが反響率が良いかと問われれば単配の方が良いかとは思います。が!実際にどれくらい良いのか?と明確な数字で問われると恐らくどのポスティング業者も正確な答えは持っていないと思います。

 

1. 単配と併配のメリット・デメリット

多くのポスティング業者は基本的にチラシを配布する場合は1枚で配布しているかと思いますが、同じエリアで配布が可能なチラシが他にもある場合は一緒に配布をしているケースが殆どです。どうしても、自社のチラシ1枚のみで配布をして欲しいという要望があった場合には弊社もそうですが単配の場合にはオプションとして別途費用が発生します。

単配は一枚ずつチラシが配布されますので当然ながら見られる率というのは高くなります。新聞折込に数十枚のチラシが入っていると1枚に費やされる時間が削減されて殆どの場合一瞬で必要なものなのかどうかが判断されます。ただ、投函されているチラシが1枚か2枚かでその判断される時間が大きく変化するかというとそれはあまり変わらないというのが実感ではないでしょうか?且つ、オプション料金を払って単配でポスティングを行ったとしても、他のポスティング業者が配布したチラシが既にポストに投函されていている場合も多々あります。以上から考えると単配の方が反響率は非常に低い確率で上がるかもしれませんが、明確な差としては現れにくいと言えます。少なくとも別途費用を払ってまで単配にてチラシを配布してもらうというは殆どメリットが無いように思います。

 

2. まとめ

ポスティングの目的はいかにコストを安く、多くの反響を得るかという事になりますのでコストをかけて反響率が上がるかどうか分からない事をする必要はありません。また、申し上げたように同じエリア及び同じ配布期間にチラシがあった場合に限り併配となりますので、それが無い場合は基本的には1枚での配布となっていますのでやはりコストをかける必要性はありません。

 

ポスティングQ&Aに戻る

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料お見積り

無料お見積り

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング
Subscribe with livedoor Reader
ページ上部へ戻る