自分でポスティングするコツ

自分でポスティング0720

お店をオープンしてしばらくはご自身でも十分にポスティングをする時間をとれる場合もあるかと思います。ポスティングは基本的にチラシを配布するだけですので、当然誰でも可能です。コストを最大限抑える事もできますのでおススメです。ただ、ポスティングを自分で行う時に気を付けたいのが効率性です。恐らくどれだけ地図を見るのに長けていてもやはり最初のうちはポスティングにそれなりに時間がかかってしまいます。

 

1. 地図アプリmytracks

特に多いのが『この道通ったっけ』という事に陥り、何度も地図を広げては確認するというような事になると1時間に100枚も配れないような事にもなります。そこでおススメなのがスマートフォンの地図機能であったり、『mytracks』というアプリです。

これらを駆使する事で、地図を広げてみる事も、この道通ったっけ?を防ぐことができます。またポスティングをしていると既に投函したポストに再度配布してしまいチラシを2枚投函する事にもなってしまいますが、mytracksは歩いた軌跡が残りますのでこれを避けられます。

私もいろんなエリアにポスティングに行くので当然知らない土地もありますが、その場合は必ずこの2つを使います。地図機能で配布の進路を頭で決め、途中で『あれ?通ったっけ?』と思った場合は間違いがないかをmytracksで確認します。前者は地図、後者は歩いた足跡が表示されますので、既に通ってチラシを配布した道なのかが即座にわかります。ご自身でポスティングされる時は是非お使いください。

 

2. まとめ

アプリを使わずに、記憶だけに頼るとどうしても同じ家にチラシを2度配布してしまう事は避けられません。また、それを避ける為に入れたかもしれない通りをスキップしてしまうと、未配布の家が増えてしまいます。この他にもポストにチラシを挟み込んで目印にし、入れたかどうかを確認する方も中にはいらっしゃいますが、これをするとポスティング後に雨が降るとチラシが濡れてしまいますし濡れたチラシから水的がポスト内の郵便物にまで伝って濡らしてしまう可能性がありますので大きなクレームになる可能性もありますので絶対にやるべきではありません。

 

ポスティングQ&Aに戻る

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料お見積り

無料お見積り

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング
Subscribe with livedoor Reader
ページ上部へ戻る