安いポスティング業者は危険?

安いポスティング業者0722

ポスティングを大阪で行う際の配布単価は全戸配布でおおよそ3円~6円程度です(エリアによる)。3円と6円だけをみるとあまり大きな金額に見えませんが、チラシの配布は数万部単位になる事が多いので1円違っても数万円も違ってきます。当然安いに越したことは無いのですが、安すぎるとちゃんと配布してくれているか不安となる方も多いかと思いますが、はっきりいってポスティングについては安いから悪い高いから良いというのは全く当てはまらないかと思います。

 

1. ポスティングの高い・安いの決まり方

ポスティングは食べ物屋さんのように複数種類の原材料があるわけではありませんので業者によって高い・安いという差は殆ど生まれません。ポスティングを行うスタッフの能力によりその差が生まれそうですがポスティングを行えるスピードというのは人によってそんなに大きな差にはなり難いです。では、それでも尚ポスティング業者によって配布単価に差が出ているのは何でしょうか?

当然ながら、ポスティング単価が安い業者はちゃんと配布していないなんて事ではありません。結局この違いを生み出している最大の理由はその会社の体制です。特にポスティングについては単価が非常に安い業種となりますのでちょっとしたコストでも大幅に単価が上がってしまいます。その最も顕著なものがポスティング配布エリアです。

これは各ポスティング業者のホームページを見れば一目瞭然ですが、全国をカバーしている業者もあれば近畿一円をカバーしている業者、所在の都道府県のみをカバーしている業者など様々です。一般的には広いエリアをカバーしている業者程、配布単価は高くなります。

この理由は単純で、広範囲をカバーしているということは多くのスタッフを抱えているかもしくは遠いエリアについては自社では配布せずに協力会社などに流しています。特にポスティングに至って言うと後者の場合が殆どとなります。当然ながら下請けに出すという事はその分費用がかさみますので単価が上がるという仕組みです。

 

2. まとめ

単価が安い=配布が適当。というのは全く異なります。実際弊社にも東京からなど全国エリアをカバーしているポスティング会社から配布の依頼が来ることもあります。つまり、自社でカバーできる小さいエリアでのみ営業を行う業者か、全国をカバーする業者かで配布単価は大きく開きがでるのです。ポスティングの質の良し悪しについては、配布単価ではなくあくまで使い比べてみて判断する事をお勧めします。この他にも、ポスティング等での集客方法やチラシ作成方法についてを色々まとめていますのでご参考下さい。

 

※東大阪市・柏原市・藤井寺市・羽曳野市・八尾市・松原市・大阪市(平野区・住吉区・東住吉区・阿倍野区・生野区)・堺市(北区・東区・堺区)、その他の大阪エリアでのポスティングもお気軽にお問合せ下さい

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料お見積り

無料お見積り

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング
Subscribe with livedoor Reader
ページ上部へ戻る