ポスティングを行う上でのコツは?

ポスティングを行うコツ0720

ポスティングを行う最大の目的は『反響を得る事』に尽きるかと思いますが、反響を得る為には大切な事はしっかりとした作りのチラシを作成し、かつしっかりとした業者に配布を依頼する事の2点となります。

 

1. しっかりとしたチラシを作る

ホームページ内にチラシ作りについては多数掲載をしておりますのでそちらもご参考下さい。しっかりとしたチラシを作るという事は実はとても重要で、チラシの出来栄えによってその反響率というは場合によっては5~10倍も変わってくる事があります。チラシの反響率というのは当然ながら購入する代金によってその反響率が異なります。リフォームや不動産(5000分の1前後)など高額商品であれば反響率が低く、デリバリーなど(数百分の1~1千分の1前後)であれば反響率は高くなります。

 

2. しっかりとした業者を選ぶ

ポスティングを自身で配布するのであれば何の問題もありませんが、自社のアルバイトやポスティング業者を使う場合についてはやはり人間でありますから100%何の問題もないかというとそうでない場合もありますので注意が必要です。しっかりとチラシが配布されてこその反響となりますので、配布がされているかは定期的に確認する方が良いでしょう。ポスティングを行うスタッフによって、もしくは業者によって反響率が違うのであれば当然のことながら反響の高い業者を使う様に努めましょう。

色々と業者を選ぶ方法もありますが、やはり最終的には自身で比べるほかありませんので最初のうちはいくつかのポスティング業者を使い分けて(1万部を配布するなら、2社に5千部ずつ任せてみる等)見比べるというのがベターでしょう。

 

3. まとめ

あとは配布を行う回数ですが、当然多いに越したことはありませんがそこはコストを見ながらだと思います。ただ、全ての業種に共通してとは言えませんが一般的には広く薄くよりも狭く濃くの方が反響効果が高いと言えますので、枚数を絞ってでも回数を半年に1回では無く2-3か月に1回撒く方が効果的だと言えます。また、印象に残る為には《とてもインパクトのあるチラシ》か《いつもあるチラシ》が必要です。よくCMでも、『このCMよく流れてるな~』なんて事があるかと思います。1回2回見ただけでは何のCMか分からなかったけど何度か見ている中で理解した様なケースも多い方思います。チラシも基本的に同じです(というか全ての広告媒体)。

では、とてもインパクトのあるチラシでも良いのでは?と思うのですが、これはとても難しいです。というのはどこも印象を残すために試行錯誤しており飛びぬけたものというのは中々故意に作り出すというのは至難の業と言えますので、ある程度の回数で出来る限り良いチラシをきっちりとした業者で配布するという事が重要となります。

 

ポスティングQ&Aに戻る

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料お見積り

無料お見積り

印刷+ポスティング

印刷+ポスティング
Subscribe with livedoor Reader
ページ上部へ戻る